Archives for サイエンス カフェ - Page 2

サイエンス カフェ

H29年度 国立大学運営費交付金の配分発表、41校増額、45校減額-文科省

1月12日、平成29年度における国立大学法人運営費交付金の重点支援の評価結果が文部科学省より公表された。 再配分率が最も高かったのは、福島大と浜松医科大の113.0%。最低は鹿屋体育大の78.3%だった。福島大は前年度比 ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

ブリッジマナイトの結晶選択配向の決定 ~火山や地震に影響を与えるマントルダイナミクスの解明に前進~ 岡山大学ら共同研究グループ

岡山大学惑星物質研究所の辻野典秀JSPS特別研究員(PD)、山崎大輔准教授と愛媛大学、神戸大学、公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)、東京工業大学の共同研究グループは、地球内部で最も多く存在するブリッジマナ ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

世界初!量子テレポーテーション転写に成功-横浜国大、独Stuttgart大 研究グループ

Photo by andrea.pacelli 横浜国立大学大学院工学研究院の小坂英男教授とStuttgart大学(ドイツ)の研究グループが、量子通信に用いる光子を量子メモリーとなるダイヤモンド中に量子テ ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

イグ・ノーベル賞受賞式~日本人受賞は10年連続

Photo by Brad.K 独創的でユーモラスな研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の2016年の授賞式が22日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれ、立命館大学文学部 東山篤規教授と、大阪大学人間科 ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

安価な触媒を用いて常圧の窒素ガスを直接アンモニアへと変換することに成功!-東京大学・九州大学研究チーム

東京大学大学院工学系研究科の西林仁昭教授らの研究グループと九州大学先導物質研究所の吉澤一成教授らの研究グループは、窒素分子が配位した鉄窒素錯体(注1)を新規に分子設計・合成し、それを触媒として用いて常圧の窒素ガスを直接ア ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

アジア大学ランキング2016発表 東京大学は7位、トップはシンガポール国立大学-Times Higher Education

英教育専門誌「Times Higher Education」から、アジア地域の大学ランキングが発表された。ここ数年トップをキープしていた東京大学が7位に、それに代わりシンガポールの大学2校が1、2位と大きくランクアップの ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

113番元素の元素名案「nihonium(ニホニウム)」、元素記号案「Nh」のパブリックレビュー開始-理研

Photo by Tim Pierce 理研仁科加速器研究センター超重元素研究グループの森田浩介グループディレクター(九州大学大学院理学研究院教授)を中心とする研究グループ(森田グループ)が国際純正・応用化学連合(IUP ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

ゲノム編集のための新たな「はさみ」のかたち-CRISPR-Cpf1の構造解明-東京大学、MIT研究チーム

Photo by MIKI Yoshihito 東京大学大学院理学系研究科の山野 峻大学院生、西増 弘志助教、石谷 隆一郎准教授、濡木 理教授の研究グループはMassachusetts Institute of Tech ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

がんになりにくい長寿ハダカデバネズミから初めてiPS細胞作製に成功-北海道大、慶應大 研究チーム

Photo by futurestreet 北海道大学遺伝子病制御研究所の三浦恭子講師、慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授らの研究グループは、長寿命でがんになりにくい体質の「ハダカデバネズミ」からiPS細胞を作製 ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

「働かないアリ」存在理由がついに判明-北海道大学

アリの集団には一定数働かないアリが存在するが、この働かないアリの存在はコロニーが長期的に存続するために必要なシステムであるとの研究成果を北海道大学の長谷川英祐准教授ら研究チームが発表した。この研究成果は英科学誌SCIEN ...
つづきを読む »