公益財団法人 トヨタ財団様から2021年度国際助成プログラム募集のお知らせをいただきましたので、ご案内いたします。

トヨタ財団の「国際助成プログラム」は、日本を含む東アジア・東南アジアの各国・地域を対象に、アジアの共通課題の解決に取り組む人々同士が、互いに交流し学びあうことを通じて新たな視点を獲得し、次世代が担う未来の可能性を広げていくことを目的としています。

募集概要

2021年度募集案内より抜粋。詳細は以下をご覧ください。
https://www.toyotafound.or.jp/international/2021/

募集期間

2021年4月1日(水)~6月5日(土)(日本時間23時59分まで)

プログラムの趣旨

本プログラムは、日本を含む東アジア・東南アジアの各国・地域を対象に、新型コロナウイルスによって顕在化した諸課題への対応を始めとするアジアの共通課題の解決に取り組む人々同士が、互いに交流し学びあうことを通じて新たな視点を獲得し、次世代が担う未来の可能性を広げていくことを目的としています。

国をまたいだ多様なバックグラウンドをもつ参加者たちが、同じ課題に取り組む仲間として「共に考え、行動し、創りあげる」という協働・共創の関係を構築し、その関係が国籍、年齢、所属組織等の枠を超えた双方向の学びのプロセスのなかで、社会変革につながるパートナーシップに発展することを期待します。

助成概要

テーマ

アジアの共通課題と相互交流 -学びあいから共感へ-

プロジェクトに求められる要素

国際性、越境性、双方向性、先見性

対象国

日本を含む東アジア・東南アジアの国・地域

  • 東アジア
    日本、中国、香港、マカオ、台湾、韓国、モンゴル
  • 東南アジア
    ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、東ティモール、ベトナム

助成カテゴリー

2年助成(複数国間の現場訪問・相互交流が必須)
1年助成(オンラインでの交流を主な手法とする)

助成期間

2年助成(2021年11月1日~2023年10月31日)
1年助成(2021年11月1日~2022年10月31日)

求められる成果

以下の全て

  1. 課題の設定とそれに対する現状のレビュー(調査・分析)
  2. 課題解決につながる実践的な学びあいの活動
  3. 提言・作品などの成果物(Tangible Output)の作成と社会への発信

応募対象者の要件

複数の対象国・地域に拠点を置き、当該課題解決に対する実績・知見を持つ実践者、研究者、クリエイター、政策担当者、メディア関係者等、適切かつ多様なメンバーによって構成されるチーム

助成額

2年助成:上限1000万円/件
1年助成:上限300万円/件

問い合わせ先:asianneighbors@toyotafound.or.jp