公益財団法人 日立財団 様より2020年度(第52回)研究助成「倉田奨励金」募集のご連絡をいただきましたので、ご案内いたします。2019年度より「科学技術社会に通底する人文・社会科学研究」への助成が設定され、「自然科学・工学研究」「人文・社会科学研究」の2つの部門で助成が行われます。

倉田奨励金は、日立製作所の二代目社長、故倉田主税が日本の科学技術の発展を願って設立を提唱し、資金を出捐したことにより1967年に創設された研究助成金です。

募集概要(財団サイトから抜粋)

助成対象者

  1. 募集は公募とし、所属機関長、直属の上長等の推薦書を必要とします。
  2. 日本国内の研究機関(博士後期課程を有する研究科、同研究科に係る学部、または文部科学省科学研究費補助金「科研費」を申請することができる法人)に所属する研究者。
    大学院生の応募可。
  3. 国籍は問いません。
  4. 自然科学・工学研究部門:募集年度4月1日現在の年齢が45歳以下であること。
    人文・社会科学研究部門:年齢制限無し。

■自然科学・工学研究部門

国際的な視野で社会課題の解決に資する、若手研究者(45歳以下)による独創的、先駆的な研究。募集は下記3分野とし、別途具体的な例示を示します。また、共通して自然科学・工学研究の観点による文理融合研究も対象とします。

  1. エネルギー・環境
  2. 都市・交通
  3. 健康・医療

助成金額

(1年)100万円程度/件
(2年)300万円程度/件

採択件数

(1年)20~25件程度/年
(2年)3~4件程度/年

研究期間

1年、または2年(申請時に選択)

■人文・社会科学研究部門

科学技術の進歩がもたらす社会の変容、その背景に潜む複合的な諸問題を人文・社会科学の視点(社会、文化、文学、歴史、哲学、倫理、法律、経済等)から読み解き、科学技術の発展の意味や価値と社会のあり方を探求する研究。別途対象とする研究の例示を示します。

助成金額

80~100万円程度/件

採択件数

10件程度/年

研究期間

1年

募集期間

2020年7月1日(水)~2020年9月15日(火)

詳細は以下をご覧ください。
倉田奨励金ページ
https://www.hitachi-zaidan.org/works/science/kurata/index.html