森永乳業株式会社様より微酸性電解水(次亜塩素酸水)研究補助 2020年度公募のご連絡をいただきましたのでご案内いたします。同社は、微酸性電解水(次亜塩素酸水)を活用して社会の様々な課題を解決する研究テーマを広く公募いたします。

森永乳業は、多くの人々の働く環境、それぞれの生活、そして健康を継続的に安全・清潔に維持できる社会の実現を目指す取り組みの一環として、微酸性電解水(次亜塩素酸水)を活用して社会の様々な課題を解決する研究テーマを広く公募します。
社会課題の解決を試みる研究テーマに対し研究補助を行うことで、大学・研究機関などと連携して、オープンイノベーションを推進し、“衛生環境改善”や“働き方改革”など社会への貢献に取り組んでまいります。

詳細は以下をご覧ください
https://www.morinagamilk.co.jp/products/purester/subsidy/

募集概要(プレリリースおよびサイトから抜粋)

公募対象となる研究内容

微酸性電解水(次亜塩素酸水)を活用した、社会課題の解決を試みる研究。上記の「社会課題」とは、例えば「水」「衛生」「安全」「健康」「環境」に関与したもの等が挙げられます。

応募対象者

日本国内の大学等の学校、公的研究機関、企業において技術研究に従事している研究者で、“研究が遂行可能な研究者”または“研究グループ”。

研究費用・貸与品

  1. 研究費用:1研究あたり100万円/年(消費税別)を限度とし、研究費用の詳細は、研究内容に応じて決定します。
  2. 貸与品:研究期間中、微酸性電解水生成装置「PURESTER(ピュアスター) μ(ミュー)-CleanⅡ」<微酸性電解水(次亜塩素酸水)を毎時300リットル生成。以下「装置」>を少なくとも1台、無償貸与いたします。装置を使用する際の禁止事項、注意事項を遵守していただくことを条件として、装置の稼働に必要な、薬液、消耗部品の交換、故障時の修理等の実費を当社が負担いたします。

知的財産権の考え方

本公募で得られた研究成果や発明の知的財産権については、助成する研究費および装置貸与・消耗品の負担等を考慮して当社にも発生するものとします。 研究成果および知的財産権の帰属を含め、契約については、締結時に十分に内容を協議させていただきます。なお、契約が整わない場合には、当社から採択を取り消すことがあります。

募集期間

2019年10月2日(水)から2019年12月31日(火)

研究期間

原則2020年4月1日(水)から2021年3月31日(水)(1年間)

問合せ先

森永乳業(株)営業本部 食品素材統括部ピュアスター販売グループ
研究補助企画担当
TEL:03-3798-8199
purester(+)morinagamilk.co.jp
(+)をアットマークに変更してから送信してください。

Webサイト
https://www.morinagamilk.co.jp/products/purester/subsidy/

ニュースリリース
https://www.morinagamilk.co.jp/release/newsentry-3224.html