嗜好品文化研究会事務局様より、第17回嗜好品文化フォーラムのご連絡をいただきましたので、ご案内いたします。第17回フォーラムは、午前中に2018年度研究助成を受けた大学院生の研究報告、午後は「嗜好品とAI」をテーマとする記念講演・基調報告と総合討論を行います。

午前中の助成研究発表は、炭鉱町の愉しみ、邪視(Evil Eye)、花椒、ガンビール(阿仙薬)、パチンコ等さまざまな視点からのアプローチが期待されます。

「嗜好品とAI」をテーマとする午後の部は、江間有沙先生(東京大学未来ビジョン研究センター特任講師)の「AI社会での愉しみ方」と題する記念講演からスタートです。基調報告は研究会代表幹事・高田公理先生が問題提起。それを受けてのパネルディスカッションとなります。
ご来場いただいた皆様には、2017-2018年度助成研究の報告書集と研究会誌『嗜好品文化研究』第4号を配布いたします。

詳細は以下をご覧ください。
http://www.cdij.org/shikohin/
https://www.facebook.com/shikohinbunka/

第17回嗜好品文化フォーラム(研究会サイトから抜粋)

日時

2019年5月11日(土)10:00-16:30(開場:9:45)

会場

京都新聞文化ホール(京都市烏丸丸太町近く)

プログラム

2018年度助成研究口頭発表
川松 あかり(東京大学 総合文化研究科)
「炭鉱町の日常──嗜好品文化の場と記憶」
工藤 さくら(東北大学 文学研究科)
「ネパールにおける酒と邪視(Evil Eye)」
謝 春游(シャ・シュンユウ)(総合研究大学院大学 文化科学研究科)
「花椒の「しびれ」を楽しむ四川人」
西川 慧(東北大学 文学研究科)
「換金作物ガンビールの流通と消費に関する人類学的研究」
若宮 花瑛(武蔵大学 人文科学研究科)
「嗜好品として提供されるパチンコ」

記念講演
「AI社会での愉しみ方」
江間 有沙(東京大学未来ビジョン研究センター特任講師)

基調報告
「AIと嗜好品をめぐって」
高田 公理(武庫川女子大学名誉教)

総合討論
江間 有沙(東京大学未来ビジョン研究センター特任講師)
井野瀬 久美惠(甲南大学教授)
太田 心平(国立民族学博物館准教授)
斎藤 光(京都精華大学教授)
藤本 憲一(武庫川女子大学教授)
高田 公理(武庫川女子大学名誉教授)

申込&問合せ

お申し込みはハガキ、電話、FAX、E-mailのいずれかで、下記の必要事項を記入のうえ、お申し込み下さい。

応募締切は5月8日(水)(必着)

必要事項

  1. 「嗜好品文化フォーラム参加希望」
  2. 氏名
  3. 所属
  4. 郵便番号・住所
  5. 連絡先(電話番号・携帯番号・FAX番号・E-mailのいずれか。複数記入可)

ハガキ:〒604-0863
京都市中京区夷川通室町東入巴町83番地 CDI内
「嗜好品文化研究会」フォーラム係
電話:075-253-0660
FAX :075-253-0661
E-mail:minowa@cdij.org (@を半角にしてください)