3D(3次元)プリンターなどを使って、移植用の人体組織や臓器を立体的に作製しようという再生医療の研究が、大阪大など5研究グループで始まった。 世界的にまだ実用化していない技術で、日本が課題を克服すれば、再生医療で世界のト ...
つづきを読む »