京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授は15日、日本経済新聞の取材に応じ、iPS細胞を使ってパーキンソン病を治療する臨床研究計画を京大の委員会に6月に申請する方針を明らかにした。理化学研究所が昨年実施した目の難病治療に続き ...
つづきを読む »