Tag archives for 京都大学

Featured

古典文献の記述から平安・鎌倉時代における連発巨大磁気嵐の発生パターンを解明-国立極地研究所

Photo by Cristian Santinon 国立極地研究所(所長:白石和行)、国文学研究資料館(館長:今西祐一郎)、京都大学(総長:山極壽一)ら研究グループは、藤原定家(1162-1241)が残した『明月記』の ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

主観的な「幸福」の構造的神経基盤を世界で初めて明らかに-京都大学

Photo by Katie Thomas 「幸福」は人が生きていく上で非常に重要なファクターだ。しかし幸福の体験は非常に主観的なもので、客観的・科学的に幸福を調べることが困難であり、また幸福が脳内のどの神経基盤の領域に ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

イヌは飼い主に協力しない人物を嫌う。京都大学が研究を発表

「イヌは飼い主に協力しない人物を嫌う」そんな研究が京都大学の藤田和生 教授らの研究グループから発表されました。 イヌは社会的信号にとても敏感な動物で、人間のちょっとした仕種から驚くほど沢山の情報をくみ取っています。例えば ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

3D映像に酔うのは右脳と左脳の活動が乖離するから、京大が発見

Photo by Mikael Tigerström 京都大学の山本洋紀 助教とキヤノンの宮崎淳吾 研究員、明治国際医療大学らによる産学連携チームは、3D映像やドローンによる空撮映像などを見たときに起きる「映像酔い」状態 ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

京大研究グループ、肥満の鍵となる分泌性因子neudesinを発見-抗肥満薬開発への応用に期待

Photo by Purple Sherbet Photography 生物の恒常性維持に不可欠な分泌性因子が肥満の発症に関わると明らかになり、抗肥満薬の開発に向け大きな注目を集めています。今回、京都大学の伊藤信行 名誉 ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

抗HIV-1薬の新規抗癌作用の解明に成功 -難治性血液がんである成人T細胞白血病の新規治療に期待-

Photo by Kinghorn Centre for Clinical Genomics エイズ治療薬として使われる抗ウイルス薬アバカビルが、特定のがん細胞には強力な抗癌剤となる(免疫細胞のT細胞ががん化する「成人T ...
つづきを読む »
サイエンス カフェ

私と科研費:「iPS細胞の基盤を支える研究」山中伸弥 教授京都大学iPS細胞研究所 所長/教授

日本学術振興会のホームページには、私と科研費 という長期連載エッセイのコーナーがあります。「科研費によって研究を進められてきた方々や現在研究を進められている方々の科研費に関する意見や期待などを掲載」するものですが、一線の ...
つづきを読む »
特集

[連載企画]第二回 山本祐輔氏 「研究費を大きくしていくためのステップをつくる際のきっかけになればいい」

第一線で活躍される研究者、研究支援者に「コラボリー/Grants(研究助成)」を実際に使って頂き、その感想を伺う本企画。今回、レ ビューをして頂いたのは、京都大学学術研究室でリサーチアドミニストレーター(以下、URA)と ...
つづきを読む »