文部科学省の2014年度補正予算で、名古屋大学でのパワー半導体研究の拠点形成に向けた経費12億円が盛り込まれた。昨年、ノーベル物理学賞を受賞した天野浩名大教授の研究を支援するのが目的だ。補正予算では、結晶成長、評価・解析 ...
つづきを読む »