味の素株式会社様よりAjinomoto CO. Innovation Alliance Program (AIAP)  募集のご連絡をいただきましたので、ご案内いたします。Ajinomoto CO. Innovation Alliance Program (AIAP) は年2回応募期間を設けており、今回の募集期間は2018年11月1日から11月30日となっています。

・我々の将来のビジネスの種となる革新的なアイデアと技術を募集します。
・研究成果は研究者に帰属します。
・簡単な応募で迅速な選考、速やかな研究助成を実現します。
・研究期間1年、200万円/件の研究助成です。
・優れた研究は、次のステップの共創へと進めます。

詳細は以下をご覧ください。
https://www.ajinomoto.com/jp/rd/AIAP/

募集要項(サイトから抜粋)

募集領域

  1. パーソナル栄養の実現に向けた次世代の栄養、診断、デジタル技術に関わるアイデア
  2. バイオ医薬品の製造受託事業への展開を目的とした、バイオ医薬品の製造・DDS改良に関わるアイデア
  3. 細胞治療製品の製造、保存、および投与に関する工程に必要なアイデア
  4. 食のサステナビリティに貢献できる次世代の食品素材、食品加工・保存方法に関するアイデア
  5. 畜肉や乳に代わる代替たんぱく質の製造、加工に関するアイデア

募集ターゲット

1. パーソナル栄養

  • 健康状態(運動機能、認知機能、生理学的パラメーター等)や栄養状態を、個々人が簡便且つ低コストで測定できる診断やデジタル技術
  • 個々人の食事内容やその嗜好性、或いは行動量等の生活習慣を簡便に評価できるデジタル技術
  • 健康増進に向けて個々人のエンゲージメントを促す、イノベーティブなUI/UXや人工知能ツール
  • 健康増進を促すために設計された診断、栄養、デジタル技術、或いはその組合せからなる複合的なプログラム

2. バイオ医薬

  • 抗体、タンパク、核酸医薬のDDS技術(ターゲティング、安定化、透過、徐放等)
  • ペプチド、タンパク、オリゴ核酸とそれらの修飾体の新製法技術・新分析技術(改良、補完技術)

3. 細胞治療

  • 機能を有する細胞またはオーガノイドをヒト多能性幹細胞から分化誘導する技術
  • 保存・冷凍に関する技術
  • 安全性、特に非造腫瘍性に関する指標
  • 大規模製造のための素材

4. 生物工学(食品)

  • ナチュラル訴求ができる食品素材の製造法
  • クリーンラベルに対応できる食品素材の製造法
  • 合成保存料を用いない新たな静菌手法、殺菌手法

5. 代替たんぱく質

  • 畜肉や乳などの動物性タンパク質源を代替する植物たんぱく質の抽出、精製、修飾、加工にかかわる技術(特に、異風味の低減・水溶性の向上・肉様食感の再現に関する技術)
  • 一般的に流通していない新しいたんぱく質源に関する技術(未活用食材、微生物、培養肉など)
  • アレルギーをお持ちの方を対象としたたんぱく質の加工、製造、及び機能改善(物性、味、フレーバー等含む)に関する技術

応募対象者

大学の研究者、公的研究機関、その他研究機関、ベンチャー企業等に所属する研究者も応募可

応募期間

2018年11月1日~30日

助成額

1件あたり200万円

問い合わせ先: AIAP@ajinomoto.com