公益財団法人三菱UFJ技術育成財団様より「平成30年度(第2回)研究開発助成金」募集のご連絡をいただきましたので、ご案内いたします。

同財団は、三菱UFJ銀行の母体のひとつである旧三和銀行の創立50周年事業の一環として、1983年(昭和58年)に三和ベンチャー育成基金として設立されました。民間系のベンチャー企業支援財団としては、わが国最初の財団法人です。母体行の合併により、2002年(平成14年)UFJベンチャー育成基金、2007年(平成19年)からは三菱UFJ技術育成財団として活動しています。

当財団では、このような目的を達成する事業の一環として、設立以来、新技術・新製品等の研究開発に対する助成金の交付事業を行っております。
今年度第2回目となる助成金の公募を、9月1日より10月31日まで実施します(最大300万円、交付決定時前払い)。新規性・独創性に富むプロジェクトのご応募をお待ちしております。

詳細は下記をご覧ください。
http://www.mutech.or.jp/subsidy/index.html

【研究開発助成金】

応募資格者・プロジェクト

新技術・新製品等を自ら開発し、事業化しようとする具体的な計画を持つ、設立または創業後もしくは新規事業進出後5年以内の中小企業または個人事業者。

現在の技術から見て新規性のある研究開発プロジェクトで、原則として2年以内に事業化の可能性があること。

助成金額

1プロジェクトにつき300万円以内 かつ 研究開発対象費用の2分の1以下

選考方法

学識経験者等で構成する当財団の審査委員会にて厳正かつ公平なる選考を行います。

公募期間

9月1日(土)~10月31日(水)

 


【株式保有】

当財団では、助成金交付に加えて、より長期的な視野で支援する目的で、当財団が株式(最大500万円)を保有する事業も行っております。創業以降の成長ステージに対応する形で株主になることにより、長期的に支援して参ります。

対象企業

当財団の助成金交付または債務保証を過去に受けた中小企業のうち、当財団の助成金交付または債務保証を受けた際のプロジェクトによる新技術・新製品等の開発及び事業化が実施され、成長が見込まれる者。

保有額

1社につき500万円以内(対象企業の議決権の過半数を超えない金額)。

公募期間

随時

選考方法

学識経験者等で構成する当財団の審査委員会にて厳正かつ公平なる選考を行います。

お問い合わせ

財団事務局に直接お問い合せ下さい。
問い合わせ先はこちら