公益財団法人 日立財団 様より2018年度(第50回)研究助成「倉田奨励金」募集開始のご連絡をいただきましたので、ご案内いたします。

日立財団は、人づくり、学術及び科学技術の振興、環境保全の推進、地域コミュニティの発展に寄与し、もって持続可能な社会の構築、国民生活の向上、さらには国際社会に貢献することを目的として、2015年に日立グループの5財団が合併して発足いたしました。

倉田奨励金は、日立製作所の二代目社長、倉田主税が日本の科学技術の発展を願って設立を提唱し、資金を出捐したことにより1967年に創設された研究助成金です。
科学技術の振興を通じて社会課題解決と経済成長の両立を図るSociety5.0*実現に貢献することを目的に、自然科学分野あるいは自然科学と社会科学の融合分野で基礎的・応用的研究を行う研究者に研究助成金を交付しています。

*Society5.0:内閣府における「第5期科学技術基本計画」内で使用されている言葉。人類が歩んできた4つの社会、狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く、第5の新たな社会(超スマート社会)を科学技術イノベーションによって生み出す。

助成対象者

国内の研究機関(博士後期課程を有する研究科、同研究科に係る学部、または文部科学省科学研究費補助金を申請することができる法人)に所属する研究者を対象とします。ただし国籍は問いません。

助成対象分野

下記3分野において、社会課題の解決、科学技術の進歩による社会的影響やリスクマネジメントなど、課題意識を持って挑戦する、独創的、先駆的、萌芽的な研究。
自然科学の研究だけでなく、自然科学研究のみでは解決できない社会科学的な要素を伴った研究(=文理融合研究)にも積極的な助成を行います。

  1. エネルギー・環境
  2. 都市・交通
  3. 健康・医療

助成金金額

1件あたり100万円程度(上限300万円)

募集締切

2018年9月20日(木)24時 (電子申請システム閉鎖時間)

詳細は以下をご覧ください。
倉田奨励金ページ
http://www.hitachi-zaidan.org//works/environment/kurata/index.html

倉田奨励金ページ(英語)
http://www.hitachi-zaidan.org/global/activities/kurata.html

関連情報