公益財団法人 島津科学技術振興財団様より、2018年度の島津賞、島津奨励賞、研究開発助成募集のご連絡をいただきましたので、ご案内いたします。

同財団は、科学技術に関し、研究開発の助成及び振興に関する事業を行い、我が国産業の発展と福祉の増進に寄与することを目的として、株式会社島津製作所が拠出した基金により1980年に設立されました。今年度より、科学計測に係る研究領域での研究者の意欲をより一層高めるため、島津奨励賞および新分野研究開発助成が新設されました。

当財団では創設時より、科学計測に係る領域で著しい研究成果をあげた功労者に島津賞を授与し、また、同研究領域での基礎的研究に対して研究開発助成を行ってきました。今年度より、同研究領域での研究者の意欲をより一層高めるため、島津奨励賞および新分野研究開発助成を新設します。

 

募集概要(財団サイトから抜粋)

対象領域

科学計測に係る領域
「科学計測に係る領域には、(1)電磁波や電子などのプローブによる計測対象の励起、(2)計測対象内で起きる現象に起因する信号を計測するためのセンサ・機器・方法、(3)計測データから情報を抽出する高度情報処理手法、(4)情報の抽出と処理による計測対象とその機能の理解と解明、および、計測対象の制御が含まれる。科学計測は、物理系、化学系、生命科学系、医学系のみならず、電子・情報系や機械・制御分野でも広く応用されている。」

功労者表彰

島津賞

趣旨:科学技術、主として科学計測に係る領域で、基礎的研究および応用・実用化研究において、著しい成果をあげた功労者を表彰する。
募集期間:2018年4月1日~2018年7月31日
表彰内容:被表彰者1名に賞状、賞牌、副賞500万円

島津奨励賞(2018年度新設)

趣旨:科学技術、主として科学計測に係る領域で、基礎的研究および応用・実用化研究において独創的成果をあげかつその研究の発展が期待される国内の研究機関に所属する45歳以下の研究者を表彰する。
募集期間:2018年4月1日~2018年7月31日
表彰内容:被表彰者3名以下、副賞100万円、賞牌

研究開発助成

趣旨:科学技術、主として科学計測に係る領域で、基礎的研究を対象とし、国内の研究機関に所属する45才以下(募集開始4月1日時点)の研究者に助成する。
募集期間:2018年4月1日~2018年7月31日

  1. 科学計測に係る一般分野
    助成内容:20名、総額2,000万円
  2. 科学計測に係る新分野
    毎年度、当財団が設定した科学計測に係る新分野を対象として助成する。
    助成内容:
    3名以下、総額300万円以下
    2018年度の新分野名:高度情報処理を用いた科学計測の高度化研究分野
    キーワード:計測技術、機械学習、人工知能、情報科学、信号処理、ビッグデータ解析、ロボット、制御など

詳細は以下をご覧ください。
https://www.shimadzu.co.jp/ssf/