公益財団法人 国際科学技術財団様より 2018 Japan Prize 受賞記念講演会のお知らせをいただきましたのでご案内いたします。

2018年(第34回)Japan Prize(日本国際賞)は、吉野 彰博士(日本)と、マックス・クーパー博士(米国)、ジャック・ミラー博士(オーストラリア)が受賞されました。

吉野博士は現在のモバイル・IT社会に欠かせないリチウムイオン電池の考案・開発、クーパー博士・ミラー博士は近年、新たながん治療法等でも注目を集める現代免疫学の礎となる基本コンセプトを構築しています。

これを記念し、4月19日(木)、東京大学伊藤国際学術研究センター「伊藤謝恩ホール」にて、三博士の講演会が下記の通り開催されます。三名の博士が、研究に対する想いや今後の展望などを語る貴重な機会となります。

講演概要

2018 Japan Prize 受賞記念講演会

日 時

2018年4月19日(木)18:30~20:30(18:00開場)

会 場

東京大学伊藤国際学術研究センター「伊藤謝恩ホール」(東京都文京区本郷7−3−1)
本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線) 徒歩8分
本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線) 徒歩6分
湯島駅または根津駅(地下鉄千代田線) 徒歩15分
http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/access.html

テーマ / 講師

  • 「リチウムイオン電池の研究開発と商品化までの道」
    講師:吉野 彰 博士(旭化成株式会社 名誉フェロー、名城大学 教授)
  • 「B細胞とT細胞:免疫の適応能力を支える鍵」
    講師:マックス・クーパー博士(エモリー大学医学部 教授)
  • 「T細胞と適応免疫:発見からがん治療への応用まで」
    講師:ジャック・ミラー博士(ウォルター・アンド・イライザ・ホール医学研究所 名誉教授)

講演言語

英語(同時通訳付き)

対象 / 定員

科学の好きな方
300名(参加費無料、先着順 定員に達し次第締め切り)

申込方法

詳細は以下をご覧ください。
http://www.japanphttp://www.japanprize.jp/seminar.html#2018JPrize.jp