知らないと損をする学術英語の基礎

■出典:学術英語アカデミー パケット道場~初級アカデミック英語講座~

研究者にとって、国際舞台で自身の研究結果を発信するために英語は必要不可欠なツールのひとつ。しかし、ビジネス用の英語レッスンは巷にあふれていても、学術研究者向けの英語を教えてくれる場はほとんどないのが実情です。初めての英語論文の執筆や学会発表は、研究室の先輩や仲間の見よう見まねで乗り越えた……という方も多いのではないでしょうか。本コラムでは、初めて英語論文を書く方や学術英語の基礎をもう一度押さえたいという方のために、自らも物理研究者であり、長年京都大学で英語指導を行ってきたパケット先生が、研究者による研究者のための“使える”英語論文執筆の基礎知識をご紹介します。

◎前回『英語における句読点の基本 “ハイフン”(1)』はこちら

◎今回は、「ハイフン」の用法についての2回目です。

2語を結ぶ用法

英語では複数の単語がひとつのまとまった意味の単位として用いられることがよくあります。そのような語句が文法的かつ意味的な単位として機能していることを明確に示すため、ハイフンによって構成単語どうしをつなぐのが原則です。この用法においては2つのパターンが挙げられます。文法的にどのような役割を果たしていても構成単語がひとつのまとまった意味の単位として機能する語句、そして構成単語がセットとして名詞を修飾する場合にのみひとつのまとまった意味の単位として機能する語句があります。前者のタイプを代表するものとしては以下の複合語が挙げられます。

  1. [形容詞]
    例:「well-defined」、「self-evident」、「user-driven」、「mind-expanding」、「computer-aided」、「old-fashioned

  2. [名詞]
    例:「no-hitter」、「editor-in-chief」、「run-up」、「set-up」、「run-around」、「Irish-American」、「passer-by

  3. [動詞]
    例:「second-guess」、「double-check」、「window-shop」、「peer-review」、「force-feed」、「fine-tune

なお、後者の場合はさまざまなケースが想定されます。以下の例文中の表現はその典型例です。

  1. Next we consider the large-scale structure.
  2. The so-called L-L conjecture is investigated below.
  3. Here, the time-dependent terms have been ignored.
  4. But the situation regarding the long-range interaction is much different.
  5. This is a third-order calculation.
  6. In this case, the signal-to-noise ratio is too small.
  7. These are five-nation talks carried out biannually.
  8. They walked down the six-mile path.
  9. Under normal conditions, their scales have a light blue-green tint.
  10. These are the first- and second-order solutions.
  11. This system exhibits low-frequency pressure oscillations.

上記の例文に関してもっとも留意していただきたい点は、ハイフンによって複合語となるものは必ず文法的な単位として機能するということです。それゆえ、たとえば形容詞とそれに修飾される名詞がハイフンで結ばれることはありません。よって、(2)では「so-called-L-L」ではなく「so-called L-L」、(11)では「low-frequency-pressure」ではなく「low-frequency pressure」、となるのです。

◆今回のポイント
1)二語を結ぶ場合にハイフンを使う
 ・構成単語がひとつのまとまった意味の単位として機能する語句の場合。
 ・構成単語がセットとして名詞を修飾する場合にのみひとつのまとまった意味の単位として機能する語句の場合。
『英語における句読点の基本 “ハイフン”(3)』につづきます
Glenn Paquetteグレン・バケット(Glenn Paquette)
1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。
1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから

科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現
単行本: 688ページ
出版社: 京都大学学術出版会 (2004/09)
言語: 日本語
ISBN-10: 4876986290
ISBN-13: 978-4876986293
発売日: 2004/09
商品パッケージの寸法: 22 x 15.5 x 4.5 cm

 あわせて読みたい
Recommended by エナゴ 学術英語アカデミー

logo_300英語論文執筆者のための英文校正サービス エナゴ


英語論文を書き上げ、いざジャーナルに投稿しても、文法ミスや拙い表現が残る原稿では査読に進めない可能性があります。なぜなら、言語面で完成度の低い論文は、学術的な厳密さにおいても懐疑的だと考える学術誌編集者が多いからです。
学術論文に特化した英文校正サービスを提供するエナゴでは、お客様の専門分野と合致した英語ネイティブが原稿を徹底チェック。言語面のミスから投稿規程の順守にいたるまで、細部にわたってプロの目で添削し、ブラッシュアップいたします。研究論文の投稿前にぜひ一度ご検討ください。

英文校正・英文校閲エナゴ サービス・料金の詳細はこちら