知らないと損をする学術英語の基礎

■出典:学術英語アカデミー パケット道場~初級アカデミック英語講座~

研究者にとって、国際舞台で自身の研究結果を発信するために英語は必要不可欠なツールのひとつ。しかし、ビジネス用の英語レッスンは巷にあふれていても、学術研究者向けの英語を教えてくれる場はほとんどないのが実情です。初めての英語論文の執筆や学会発表は、研究室の先輩や仲間の見よう見まねで乗り越えた……という方も多いのではないでしょうか。本コラムでは、初めて英語論文を書く方や学術英語の基礎をもう一度押さえたいという方のために、自らも物理研究者であり、長年京都大学で英語指導を行ってきたパケット先生が、研究者による研究者のための“使える”英語論文執筆の基礎知識をご紹介します。

◎前回『“学術著作物を執筆する際のポイント”記事まとめ』はこちら

◎今回は英語、日本語に関わらず、論文を多くの人に読んでもらうために重要な「タイトルとキーワード」についてです。

“タイトル”について

読者がまず目にするのはタイトルです。タイトルが読者の関心をひかない限り、彼らはその先を読みません。それゆえ、対象読者を想定してタイトルを作成すべきです。タイトルには、論文の内容を正確に反映しながら、もっとも重要な要点を明確かつインパクト強く伝えるものが望ましいでしょう。また、検索によって見つけられやすいように適切なキーワードが含まれていればなおよいでしょう。

“キーワード”について

キーワードとは、論文の内容を端的に表す語句のことであり、著者が判断して選ぶものです。通常は5、6語程度を選び、アブストラクトの直後に記載します。キーワードは研究者がウェブで論文を検索する際に使用されるので、適切なものを選べば論文へのアクセスが容易になり、多くの人に読んでもらえるチャンスが高まります。効果的なキーワードを選定する目安としては、以下の項目が挙げられます。

  1. 論文の重要なテーマを表す語句を選ぶ。
  2. 単語と短いフレーズに限る。
  3. できるかぎり名詞形を用いる。(たとえば「recovering errors automatically」ではなく、「automatic error recovery」と表記する)
  4. 省略形は、一般的に通用するもののみを使用する
  5. 複合語は、慣用的に使用されているもののみを使用する。
  6. 一般的な語句(たとえば「biology」、「chemical reactions」、「solving differential equations」など)を避ける。
◆今回のポイント
1)タイトルのポイント
 ・対象読者が目を引く事を想定してタイトルを作成する
 ・論文の内容を正確に反映しつつ、もっとも重要な点を明確かつインパクト強く
 ・適切なキーワードがタイトルに含まれていればなおよい(Webでの検索対応)

2)キーワードのポイント
 キーワードはWeb上で論文などを検索されやすくする事を意識して選択する。
 ・論文の重要なテーマを表す語句を選ぶ
 ・できるかぎり名詞形を用いて短い単語やフレーズにする
 ・一般的な語句は避ける
 ・省略形、複合語は一般的に通用するものにする

Glenn Paquetteグレン・バケット(Glenn Paquette)
1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。
1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現
単行本: 688ページ
出版社: 京都大学学術出版会 (2004/09)
言語: 日本語
ISBN-10: 4876986290
ISBN-13: 978-4876986293
発売日: 2004/09
商品パッケージの寸法: 22 x 15.5 x 4.5 cm
 あわせて読みたい
Recommended by エナゴ 学術英語アカデミー

logo_300英語論文執筆者のための英文校正サービス エナゴ


英語論文を書き上げ、いざジャーナルに投稿しても、文法ミスや拙い表現が残る原稿では査読に進めない可能性があります。なぜなら、言語面で完成度の低い論文は、学術的な厳密さにおいても懐疑的だと考える学術誌編集者が多いからです。
学術論文に特化した英文校正サービスを提供するエナゴでは、お客様の専門分野と合致した英語ネイティブが原稿を徹底チェック。言語面のミスから投稿規程の順守にいたるまで、細部にわたってプロの目で添削し、ブラッシュアップいたします。研究論文の投稿前にぜひ一度ご検討ください。

英文校正・英文校閲エナゴ サービス・料金の詳細はこちら