tori-doshi

明けましておめでとうございます!

コラボリー事務局、みっつーです!

今年もCOLABORY(コラボリー)を何卒、宜しくお願いいたします。

さて、昨年もお届けしました、干支にちなんだアレコレ、今年も(しつこく)ご紹介してまいります!

ところで、干支というのは(今年ならば)「酉」の事を指すと思っている方が多いのではないでしょうか。
実は、干支とは十干(じっかん)と十二支を合せた、暦や方角を表すものだそうです。
なので、今年の干支は酉はとりでも、丁酉(ひのととり)となるそうです。

酉としては、昨年の申がさらに熟成して「果実が極限まで熟した状態」を表すそうで、成果に繋がったり、結果がでるかも?
と、ここまで聞くとなかなか良い年のようです!

一方、十干の「丁」は草木が成長し一定の大きさに安定してきた状態だそうです。

伸び盛りと完熟期といった一見矛盾したセットとなる丁酉。なので、いろいろな事柄の転換期になると言う人もいるようです。
良き方向に世界が転換していくきっかけの年になるといいですね!

それでは早速、「とり」にちなんだアレコレみていきましょう!

今回も、採択実績の収録数が23万件を越えて、益々ご好評いただいている日本最大級の研究助成・奨学金検索サイトコラボリー/Grants(研究助成)から、「とり」が関係した採択テーマをご紹介していきます!

「とり」が関係した採択テーマ

コメントは、わたくしが課題名から勝手に類推してコメントしていおります!ご了承ください!

鳥の祖先?「恐竜」が関係した採択テーマ

恐竜は鳥の祖先とも最近はいわれますよね?という事で、恐竜に関する採択テーマをご紹介します!
鳥関連の採択テーマネタに困ったわけではけっしてありません!

酉年生まれのノーベル賞受賞者

最後はちゃんと干支の「酉年」にちなんだテーマです!
2016年受賞者の大隅博士が「酉年」だったからではないですよ?本当に調べてみたら、たまたま酉年でした!

いかがでしたでしょうか。「とり」関連したアレコレあつめてみました。

本年が皆様にとって実りある年になりますことをお祈りいたします!
本年もCOLABORY(コラボリー)をよろしくお願い申し上げます。

◆コラボリー/Grants(研究助成)

国内最大級の研究資金・奨励金情報サイト、コラボリー/Grants(研究助成)は会員登録(無料)で、研究資金探しに役立つ以下の便利な機能がすぐにご利用いただけます。

  • 国・地方自治体、民間助成団体の公募情報・採択実績の「検索機能」
  • あなたの研究にピッタリの助成金情報をメールでお届けする「My アラート」
  • 研究キーワードによる採択実績の「アラート機能」

登録(無料)はこちら