研究者の技術シーズで産業を変える!NEDO TCP | 研究の現場で聞いてみた!

コラボリーの連載企画「研究の現場で聞いてみた!」では、これまでも NEDO Technology Commercialization Program の最優秀賞受賞者のロングインタビューをお届けしてきました*。NEDO TCPは、研究者の技術シーズの可能性に光をあて、産業を変革する大学発ベンチャーの起業支援プログラム。今回は現在2016年度公募を行っている NEDO TCP チームのみなさんにお話をうかがいました。NEDO TCP 突破の秘訣など、コラボリーでしか聞けない話題も盛りだくさんです。
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
イノベーション推進部 スタートアップグループ主幹 吉岡 恒
イノベーション推進部 スタートアップグループ主査 英 美喜夫
株式会社 日本総合研究所
リサーチ・コンサルティング部門 戦略コンサルティンググループ
通信メディア・ハイテク戦略クラスター 研究員 桑原 優樹
聞き手:株式会社ジー・サーチ データベース営業部長 杉山 岳文
インタビュー:2016年7月20日

 

NEDO Technology Commercialization Program とは
NEDO Technology Commercialization Program とは、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による、国内の大学発起業家候補に対する起業支援プログラム。将来有望な科学技術シーズを保有する大学発起業家候補に対し、第一線のメンターによる事業計画作成支援や投資家へのプレゼンテーション研修、企業やベンチャーキャピタルとのネットワーク構築など、技術シーズ事業化の実現につなげるための第一歩を支援するプログラムです。

大学の技術シーズにビジネスの匂いを:NEDO TCP の誕生

大学の技術シーズにビジネスの匂いを:NEDO TCP の誕生
NEDO といえば、エネルギーや環境技術、産業技術のイメージがありますが、TCPをスタートさせた経緯を教えて下さい。

吉岡:このTCPはNEDOの活動において「産業技術」という観点(エネルギー技術も含みますが)で取り組んでいる活動です。中小企業、ベンチャー支援は平成8年からはじめていますが、当時はベンチャーに特化した支援ではなく、ベンチャーも参加できる提案公募型事業、競争的資金と事業という位置づけでした。3年前、中小企業支援でも「起業」に近い部分、企業を創り出す部分の支援、いわゆるスタートアップイノベーター事業に施策を広げてきました。

当時はTCPという言葉はなく、「ジャパンオープンイノベーションプラットフォーム」という呼び方をしていました。大学には技術シーズがいっぱい眠っていますが、大学は技術の企業ライセンシングには慣れていても、「自らビジネスにしよう」というところは非常に弱い、と感じていました。

技術ライセンシングだけでは陽の目をみない技術シーズも多いので、「自ら起業する」という文化を大学に根付かせたいと考え、まずその手法調査の公募を行いました。平成24年度、東京大学と東京大学エッジキャピタルに委託して調査を開始。その中で、「コンテスト形式の発表会」をやったというのがTCPの第1回目です。翌年の平成25年度は規模を拡大し公募、そこで日本総研(株式会社日本総合研究所)さんに委託して、引続き東京大学の各務先生に委員長を受けていただき、このNEDO TCPコンテストが形作られてきました。3回目は京都でファイナルをやりましたが、この時に西谷先生、鈴木さんが最優秀賞を受賞されましたね。昨年4回目も名古屋大学の多田先生をはじめとするチームが最優秀賞を受賞され、今年が5回目となります。

TCPは大学に眠っている技術シーズをビジネスに結び付けようとする試み。各務先生の言葉をかりれば、技術シーズに「ビジネスの匂い」を付けてあげて、ビジネスプランを磨き、事業化に持っていこう、と。プログラムを通じて、大学の先生方に起業マインドを持っていただくのが狙いです。

技術者が「自ら起業する」ために学ぶプログラム

海外ではグーグルやフェイスブックといった大学研究者が自らのアイデアをベースに起業し、大きな産業に育つケースが多くみられますが、前提として失敗しても大学に戻り、研究に復帰しやすい環境があります。日本では研究者が自ら起業する、という理想までには大きなギャップがあったと思います。

吉岡:確かに経営者人材がすぐに見つかる環境であれば、「任せる」という方法もとれますが、なかなか難しい。技術者が起業する、という考えにギャップを感じる先生もいらっしゃいます。特に、日本の大学には兼業を認めないところもかなりありますので、テニュアを捨て起業するというところに踏み込めない、というケースはありますね。

次ページへ 1 2