3223568565_e68ee4d564_z

Photo by futurestreet

北海道大学遺伝子病制御研究所の三浦恭子講師、慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授らの研究グループは、長寿命でがんになりにくい体質の「ハダカデバネズミ」からiPS細胞を作製することに世界で初めて成功した。さらに、ハダカデバネズミの持つ初期がんや、がん化を二重に防ぐメカニズムも明らかにした。これからの研究成果は英国科学誌「Nature Communications」に掲載された。

今回研究対象のハダカデバネズミは、見た目はお世辞にも「可愛い」とは言い難い、体長8~9cmのデバネズミ科最小種だ。しかし、同サイズのげっ歯類としては極端に長い約30歳の長寿命を持つことで知られており(一般的なネズミの寿命は3年程)、アンチエイジング等の医療研究分野から熱い視線が注がれている生物だ。

iPS細胞は、再生医療実現に向けて大きな期待が寄せられている。しかし、実用化に向けての課題の一つに、未分化な細胞が混入すると腫瘍を形成してしまう問題がある。
今回の研究報告によると研究グループは、iPS 細胞とがん細胞にはさまざまな共通点がある事に着目、がん抑制力をもつハダカデバネズミのiPS細胞の作製とそれによる解析をおこなった。

本研究では,ハダカデバネズミのようながん化耐性動物からiPS 細胞を作製できるのか,また,作製できた場合にiPS 細胞は腫瘍形成能(奇形腫形成能)を持つのかを検証しました。

その結果、作製に成功したハダカデバネズミのiPS細胞はマウスやヒトのiPS細胞とは違う特性を持つ事が分かった。

ハダカデバネズミiPS 細胞は培養下での多分化能を持つにも関わらず,未分化な状態で生体に移植しても,他の動物のiPS 細胞のように腫瘍を形成せず,腫瘍化耐性を持つことが判明しました

研究グループは、ハダカデバネズミiPS細胞の腫瘍化耐性メカネズムについて解析をおこない、ハダカデバネズミiPS 細胞は、がん抑制遺伝子ARF の活性化と、がん遺伝子ERAS の機能欠失により腫瘍化耐性を持っている事を明らかにした。

さらに、研究グループは、初期化ストレス下で活性化したARF を人工的に抑制した所、通常マウスのiPS 細胞の場合では細胞の増殖速度が上がるのに対し、ハダカデバネズミ細胞は、がん抑制機構の一つである「細胞老化」の状態になることを発見した
研究グループはこの現象を「ASIS : ARF suppression-inducedsenescence(ARF 抑制時細胞老化)」と命名。このASISにより、ハダカデバネズミiPS細胞の腫瘍化耐性が選択されたとしている。

今回発見されたASISは、がん化のストレス下でも生じることが判明、ハダカデバネズミiPS細胞の作製による腫瘍化耐性メカニズムの解明とASISの発見は、iPS細胞の安全な作製技術の発展に繋がるのみならず、新たながん治療にも期待される画期的な成果だ。更なる研究に期待したい。