L-RAD

“研究者のアイデアに研究資金を” 研究者の未活用アイデアに光をあて、共同研究/産学連携を通じて研究者に新たな研究資金の機会を創る L-RAD(エルラド)Powered by COLABORY 。新年度に入り、活性化・加速するオープンイノベーションプラットフォーム L-RAD の「今」をご紹介します。

4月に入り登録会員が増加中

L-RAD は昨年末より研究者会員の先行受付を開始しています。研究者の研究計画段階の情報を扱うということで、アイデア盗用や知財化におけるリスク、また大学/大学の知財部門が契約窓口になる現在の共同研究スキームとの位置づけなど、たくさんの質問/問い合わせをいただいています。これらの課題については、L-RAD独自の機能や企業会員との契約面の対処によりクリアしていますが(課題への対応について)、これまで多くの大学/学会でL-RAD 説明会を実施したことで、時期が経つにつれ認知も広がり、登録会員は増加傾向にあります。

L-RAD 登録会員推移

登録会員の推移を図表にしてみました。やはり科研費の採択結果が出た4月から登録は急激な増加傾向にあります。研究者が科研費の採択結果通知を受け取って「ならエルラドでリベンジしてみるか」と登録している状況が浮き彫りになっています。

それでは、どのような大学/研究機関の研究者が登録しているのでしょうか。

1位は北海道大学、2位は東京大学

L-RADは4/19現在、140の大学/研究機関に登録いただいております。その順位は下記の通りです。海外の大学も少数ではありますが登録されています。科研費等の獲得ランキングとほぼ相関があるコラボリー会員全体の特性に比べると、まだ大学によって偏りがあるようです。なお、登録実績のある主な機関をこの記事の巻末に記載しておきますので、自校の研究者が登録しているか確認してみてください。

登録機関ベスト10
1位 北海道大学
2位 東京大学
3位 九州大学
4位 東京工業大学
5位 東北大学
6位 京都大学
7位 大阪大学
8位 理化学研究所
9位 慶應義塾大学
10位 日本大学
研究機関ベスト3
1位 理化学研究所
2位 産業技術総合研究所
3位 国立遺伝学研究所


研究アイデアの領域と研究者の役職

現在L-RADに登録されている研究アイデア(研究計画申請書)の領域は、医師薬学が23%と1/4近くを占め、生物学、農学、化学などライフサイエンス系が半数近くを占めています。研究資金の獲得意欲に加え、民間企業との共同研究/産学連携のスキームに慣れている研究者が多い領域ともいえます。

L-RAD 登録アイデアの研究領域

また研究領域を「複合領域」であると指定している研究アイデアも15%あります。L-RADは研究の領域だけでなく、研究者が指定した研究概要のテキストやキーワードでも共同研究先をマッチングします。今後、さらに多様な研究アイデアが登録されてくるものと思われます。

L-RAD 登録研究者の役職

次に、研究者、特に大学機関の登録役職をみてみましょう。教授が11%、准教授が20%、助教が最も多い36%、講師8%、ポスドクが11%、その他は研究員、特任職が多く14%となっています。これは新しい研究資金源の獲得意欲のあらわれと考えられます。

コラボリー編集部は民間企業の研究部門、オープンサイエンス/オープンイノベーション部門の研究員と会う機会が多いのですが、民間企業が探している共同研究のための研究者は「その業界での大御所、名の通った先生」ではなく、「面白いアイデアを持っている若手」です。民間の資金も含め、自ら研究資金を獲得しながら研究者キャリアをスケールアップしていく意欲のある研究者のアイデアをひとつでも多く実現できればと思います。

研究者のアイデアに研究資金を

16年度も間もなく1カ月がたとうとしています。L-RAD は、研究者は無料で登録いただけます(共同研究実施時の手数料もありません)。「研究者のアイデアに研究資金を」、オープンイノベーションプラットフォーム あなたもL-RAD(エルラド)に登録して共同研究の糸口を掴んでみませんか?

L-RAD 登録実績のある研究機関
愛知工科大学、愛媛大学、旭川工業高等専門学校、杏林大学、医薬基盤・健康・栄養研究所、茨城大学、宇都宮大学、横浜国立大学、横浜市立大学、岡山大学、科学技術振興機構、関西医科大学附属病院、関西大学、岩手医科大学、岩手大学、岐阜薬科大学、京都工芸繊維大学、京都大学、京都府立医科大学、近畿大学、金沢大学、金沢大学大学院、九州工業大学、九州大学、釧路工業高等専門学校、熊本大学、群馬大学、群馬大学医学部附属病院、慶應義塾大学、虎の門病院、工学院大学、広島大学、弘前大学、高エネルギー加速器研究機構、高崎健康福祉大学、高知大学、国立遺伝学研究所、国立成育医療研究センター、国立長寿医療研究センター、佐賀大学、埼玉医科大学国際医療センター、埼玉県立大学、札幌医科大学、三重大学、山口大学、山梨英和大学、山梨大学、産業技術総合研究所、四国大学、滋賀医科大学、滋賀県立成人病センター研究所、滋賀県立大学、自治医科大学、自然科学研究機構、首都大学東京、秋田県立大学、順天堂大学、小山工業高等専門学校、上智大学、城西大学、信州大学、新潟医療福祉大学、新潟大学、森ノ宮医療大学大学院、神戸大学、神奈川県立がんセンター、神奈川歯科大学大学院、星薬科大学、聖マリアンナ医科大学、青山学院大学、青森大学、静岡大学、石川工業高等専門学校、千葉県がんセンター研究所、千葉工業大学、千葉大学、早稲田大学、大阪大学、大阪府立大学、大分県立芸術文化短期大学、大分大学、大和大学、第一工業大学、中央大学、長崎大学、鳥取大学、鶴見大学、帝京大学、帝京平成大学、電気通信大学、島根大学、東海大学、東京医科歯科大学、東京工科大学、東京工業大学、東京大学、東京電機大学、東京都健康長寿医療センター、東京農業大学、東京農工大学、東京薬科大学、東京理科大学、東北工業大学、東北女子大学、東北大学、藤田保健衛生大学、同志社女子大学、徳島大学、奈良先端科学技術大学院大学、奈良大学、日本大学、日本薬科大学、富山大学、文教大学、兵庫県立大学、法政大学、北海道大学、北里大学、麻布大学、名古屋医療センター、名古屋大学、明治学院大学、明治大学、理化学研究所、立命館大学、琉球大学、鈴鹿工業高等専門学校、獨協医科大学越谷病院、Harvard medical school、Boston Healthcare System、West Roxbury、University of Birmingham(バーミンガム大学)、University of Delaware、University of British Columbia、ジュネーブ大学、ヘルシンキ大学