ant_caffe

アリの集団には一定数働かないアリが存在するが、この働かないアリの存在はコロニーが長期的に存続するために必要なシステムであるとの研究成果を北海道大学の長谷川英祐准教授ら研究チームが発表した。この研究成果は英科学誌SCIENTIFIC REPORTSに掲載された。

“アリの集団には一定数働かないアリがいる”という話は、一般の人にも良く知られる話だ。研究内容によるとアリに限らず社会性昆虫(アリやハチのように女王ハチと働きバチといった階層がある社会集団でコロニーを形成し生活している昆虫のこと)のコロニーではほとんど働かないものが常に2~3割存在するという。しかし、これらの存在は短期的な生産能力を下げる為、短期的な効率を高める自然選択の存在下でなぜ存在するのかは大きな謎であった。

今回研究チームは、全員が一斉に働くシステムと、他のすべてのワーカーが疲労して働けない時に代わりに働くというシステムを、疲労の存在下でどちらが長く存続するかをシミュレーションした。

疲労が存在しないときには、2つのシステムの存続時間に差はありませんでしたが、疲労が存在すると、働かないワーカーがいるシステムの方が長続きしました。こうなるのは、普段働くワーカーが疲れて働けなくなるときに、疲れていない普段働かないワーカーが、誰かがこなしていないとコロニー全体が致命的なダメージを受ける仕事を代わりにこなすことで、危機的な瞬間を逃れることができるからだということが示されました。

さらに、このシミュレーション結果をもとに実際のアリのコロニーを観察した。

普段働かないアリは、働くアリが休んでいるときに働いていることが示され、社会性昆虫の持つ働かないワーカーをあえて常駐させるような非効率的なシステムが、コロニーの長期的存続には欠かせないものであることが判明しました。

これらの研究は、社会性昆虫に限らず人間の組織の継続にもあてはまるという。

社会性昆虫に限らず、人間の組織を含め、組織の短期的効率を求めすぎると大きなダメージを受けることがあることから、組織運営全般に関して、長期的存続の観点を含めた上で考えていくことの重要性が示されました。

普段働かないアリ。実は緊急時のバックアップ要員だったという訳だ。一見無駄に思える事象も、実は必要であったりと、自然から学ぶ事は本当に多い。