知らないと損をする学術英語の基礎

■出典:学術英語アカデミー パケット道場~初級アカデミック英語講座~

研究者にとって、国際舞台で自身の研究結果を発信するために英語は必要不可欠なツールのひとつ。しかし、ビジネス用の英語レッスンは巷にあふれていても、学術研究者向けの英語を教えてくれる場はほとんどないのが実情です。初めての英語論文の執筆や学会発表は、研究室の先輩や仲間の見よう見まねで乗り越えた……という方も多いのではないでしょうか。本コラムでは、初めて英語論文を書く方や学術英語の基礎をもう一度押さえたいという方のために、自らも物理研究者であり、長年京都大学で英語指導を行ってきたパケット先生が、研究者による研究者のための“使える”英語論文執筆の基礎知識をご紹介します。

◎前回『学術著作物における“時制”の基本(前編)』はこちら

◎前編では、学術論文を執筆する際に意識すべき3つの世界(「現実の世界」「論文の世界」「理論の世界」)がある事と、その中の一つ「現実の世界」を記述する上で注意すべき時制についてご紹介しました。
後編ではいよいよ「論文の世界」「理論の世界」を記述する際の注意点についてご紹介します。

論文の世界

ある論文において論文中の行為などを表す際、動詞の時制は、動詞とそれによって記述される行為との論文中の位置関係で決まり、基本的に現在形、過去形、現在完了形のいずれかにしかなり得ません*1
動詞が文中に出現する物理的な位置が行為の行われる位置(たとえば「in the following section」、「below」などで示される論文中の位置)より前にあれば、原則として時制は現在形になります。

順番が逆の場合は、問題となっている動詞がコンクルージョン(結論)に含まれているかどうかによって時制が決まります。動詞がコンクルージョンに位置していない場合は、時制は動詞と行為のそれぞれの出現位置の間の「距離」で決まります。その「距離」が短い場合は現在完了形、そうでない場合には過去形になります*2
一方、動詞がコンクルージョンにおいて論文の内容をまとめる役割で用いられている場合には、過去形と現在完了形を両方とも用いることができ、意味上の違いはあまりありません。ちなみに過去形を用いると、コンクルージョンでの議論が本文から若干切り離されているというニュアンスを持ち、現在完了形を使用するとコンクルージョンが本文の一部であるという印象を与えます。

以下に正しい用法を示す例を挙げます。

  1. In the following section, we define the problem to be addressed.
  2. Below, we prove this theorem using a method presented in Ref.[2].
  3. In this paper, we /proposed a solution/have proposed a solution/ to one of the longest-standing problems in the field of economic growth.

理論の世界

ある理論や他の論文の内容など、理論の世界に存在するものは時間に依存しないと見なされるため、理論の世界について言及するときには基本的に現在形しか使いません。既に通用しない理論の場合でも、理論の世界に存在するものは永遠に変わらず存続するものだと認識されるからです*3。例文を見てみましょう。

  1. Aristotle’s Theory of Universals and Plato’s Theory of Forms differ in one significant way: While the Theory of Universals asserts that a “universal” exists only in things that possess such a property, the Theory of Forms holds that an “ideal” has an existence separate from things characterized by the property it represents.
  2. The paper of Chu and Zong [23] treats this problem in detail.
  3. In 1913, Bohr proposed a model that describes an atom as a system consisting of a small nucleus around which electrons travel in circular orbits.

※“3.”中の動詞「proposed」は過去形、そして「describes」、「travels」は現在形である点に注目してください。これは、前者が現実世界を、後者は理論の世界をそれぞれ記述しているからです。

*1 例外的なケースもありますが、多くありません。
*2 ここで、距離が「短い」と見なされるケースは、行為が「どこで」行われたかという情報が不必要な場合のみです。つまり、動詞が「above」、「in the previous section」、「in Section 2」、「below Eq.(4)」、「in the proof of Theorem 1.2」などの、行為の位置を示す副詞によって修飾されなくても意味が通じるということが条件です。
*3 もちろん、理論が変化することもありますが、その場合でも過去のものとなった理論の各バージョンは理論の世界における個別の存在物と見なされます。それぞれのバージョンは、現れたときから永遠に同じ内容を持ち続けることから時間に依存しないと考えられます。

◆今回のポイント
1)「論文の世界」での動詞の“時制”
 動詞とそれによって記述される行為との論文中の位置関係で決まる

  • 動詞が文中に出現する物理的な位置が行為の行われる位置より前
     ⇒ 現在形
  • 動詞が行為の行われる位置より後ろの場合
     ⇒ 問題となっている動詞がコンクルージョンに含まれているかどうか

    1. 動詞がコンクルージョンにおいて論文の内容をまとめる役割で用いられている場合
       ⇒ 過去形と現在完了形を両方とも用いることができる
    2. 動詞がコンクルージョンに位置していない場合、時制は動詞と行為のそれぞれの出現位置の間の「距離」で決まる
       ⇒ 短い場合は現在完了形
       ⇒ 長い場合は過去形

2)「理論の世界」での動詞の“時制”
 基本的に現在形
 ※理論の世界に存在するものは時間に依存しないと見なされるため

Glenn Paquetteグレン・バケット(Glenn Paquette)
1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。
1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから

科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現
単行本: 688ページ
出版社: 京都大学学術出版会 (2004/09)
言語: 日本語
ISBN-10: 4876986290
ISBN-13: 978-4876986293
発売日: 2004/09
商品パッケージの寸法: 22 x 15.5 x 4.5 cm

 あわせて読みたい
Recommended by エナゴ 学術英語アカデミー

logo_300英語論文執筆者のための英文校正サービス エナゴ


英語論文を書き上げ、いざジャーナルに投稿しても、文法ミスや拙い表現が残る原稿では査読に進めない可能性があります。なぜなら、言語面で完成度の低い論文は、学術的な厳密さにおいても懐疑的だと考える学術誌編集者が多いからです。
学術論文に特化した英文校正サービスを提供するエナゴでは、お客様の専門分野と合致した英語ネイティブが原稿を徹底チェック。言語面のミスから投稿規程の順守にいたるまで、細部にわたってプロの目で添削し、ブラッシュアップいたします。研究論文の投稿前にぜひ一度ご検討ください。

英文校正・英文校閲エナゴ サービス・料金の詳細はこちら