一般社団法人 照明学会から研究・教育助成募集がでています。

照明学会は、わが国における照明技術の発展や照明知識の普及に貢献すべく、各種研究・調査等の活動する創設100年を迎える歴史ある学会で、照明及びその関連分野に携わり、学術の発表や技術の向上に寄与している個人又はグループの研究活動を支援・奨励し、研究者の育成を行うことを目的に創立75周年を記念して研究・教育助成基金を設立、研究助成事業をおこなっています。

コラボリー/Grants(研究助成)では過去の採択者ならびに採択テーマも掲載しています。あわせてご参考ください。

募集概要

第25回(平成28年度)応募要領より抜粋
※詳細・注意事項は募集要項をご覧ください。

募集期間

2016年1月15日(必着)

助成対象

1.一般研究助成
 (1)光源・照明システム:
   
熱・光放射、光関連材料、光関連デバイス、光源用回路、照明器具、制御システム
 (2)固体光源:固体光源の材料、デバイス、駆動回路、照明器具
 (3)視覚・色・光環境:視覚、色彩、照明環境評価、視覚の心理効果、視覚の生理効果
 (4)光放射応用:
   
X線~テラヘルツ、光学素子・システム、生物への応用、生体・医療への応用、オプトエレクトロニクス、産業応用、光センシング
 (5)計測・標準:測光測色、放射測定技術
 (6)照明デザイン:照明設計、照明計画、照明・光環境評価
 (7)環境・エネルギー:省エネ化、電力ネットワーク、社会環境、地球環境、光エネルギー応用
 (8)視覚情報、画像情報、視覚信号
 (9)照明教育
 (10)その他の照明関連分野

研究助成金額及び助成件数

 1件40万円以内

助成期間

平成28年4月1日から1年間または2年間

応募資格

大学、高専、高校またはこれに準ずる専門学校に所属し、下記に該当する個人またはグループを対象とし申請者(研究代表者)に対して助成します。

① 大学、高専、高校またはこれに準ずる専門学校の教職員で、研究または教育に従事している方。
② 大学院生(平成28年度入学・進学予定者を含む)または研究生。

 いずれの場合も研究代表者(申請者)は40 歳以下(平成28年4月1日現在)に限ります。ただし、申請者が学生の場合は、年齢制限はありません。
 また、研究代表者および指導教員は(一社)照明学会の会員であることが必要です。ただし、申請時に非会員であっても採択時に入会すれば助成対象者となります。

関連情報

◆コラボリー/Grants(研究助成)

国内最大級の研究資金・奨励金情報サイト、コラボリー/Grants(研究助成)は会員登録(無料)で、研究資金探しに役立つ以下の便利な機能がすぐにご利用いただけます。

  • 国・地方自治体、民間助成団体の公募情報・採択実績の「検索機能」
  • あなたの研究にピッタリの助成金情報をメールでお届けする「My アラート」
  • 研究キーワードによる採択実績の「アラート機能」

会員登録(無料)は今すぐ

登録(無料)はこちら