もっと活用!コラボリー第7回は、研究者向けミートアップ支援ツール コラボリー/Groups(グループ)の機能をご紹介します!
前回ご紹介した、研究会・勉強会参加者への告知に便利な「メッセージ送付機能」も是非ご活用ください!

研究会・勉強会運営はメンバーと分担して負荷軽減!

コラボリー/Groups(グループ)のグループページを使って、研究会や、勉強会サークルページを運営する際に便利な「管理者追加」機能をご紹介します。
コラボリー/Groups(グループ)に限らず、研究会や勉強会のホームページをWeb上に開設して運営されている場合、日々の研究で忙しい合間をぬってページの更新をするのは大変なものです。
また、研究会や、委員会といった場合には、1年など期間ごとに窓口担当や幹事が代わったり、持ち回りをしたりという事も多いでしょう。そういった、リアルの運用にあわせて、コラボリー/Groups(グループ)のグループページには、管理者の権限を他のメンバーに追加する機能がついています。

この機能を活用すると、忙しい時に他のメンバーに助けてもらうなど運営負荷の軽減や、幹事や担当が替わった際などにも対応が可能です。
それでは早速、使い方をご紹介してまいります!

グループのメンバーに「管理者」権限を付与する

先ず、ログインした後、自分が作成した(自分が管理者の)グループページに移動して、上部タブの「メンバー」タブを押します。
groups0701

メンバー一覧を表示されます。管理者の権限を付与したい、メンバー一覧の左についているチェックボックスにチェックを入れて、一覧の下部にある「選択してください」プルダウンを開きます。
プルダウンメニューの中から、「管理者にする」を選択して「適用」ボタンを押します。
groups0702

確認画面が出るので「確定する」ボタンを押します。これで管理者の追加は完了です!
groups0703

同様の方法で管理者権限をはずすことが簡単にできますので、忙しい時だけ限定といった対応にも便利にお使いいただけます。

グループのメンバーに「代表者」を付与する

次に、「代表者」の付与をご紹介します。管理権限としては、管理者と同様ですが、ページの表示に違いがあります。
管理者の権限付与と同様にメンバー一覧から、「代表者」にしたいメンバーのチェックボックスにチェックをいれます。
一覧下部のプルダウンメニューから「代表者にする」を選択して「適用」ボタンをおします。
groups0704

「代表者」に設定されると、グループページの代表者スペースに表示されるようになります。研究会や勉強会のページの管理者や運営メンバーと発起人が違う場合などに便利にご活用いただけます。

いかがでしたでしょうか。
これからもコラボリー/Groups(グループ)は、実際のリアルな研究会・勉強会・委員会といったグループ活動の運営にマッチした機能を盛り込んで使いやすい機能にしてまいりたいと思っております。お使いいただいた、ご意見ご要望なども是非お知らせください!