マイクロソフト リサーチ (MSR) CORE 連携研究プログラム 第 12 回共同研究プロジェクトの募集がはじまっています。

マイクロソフトリサーチ (MSR) は、コンピューティング デバイスのユーザー エクスペリエンス向上、ソフトウェアの開発やメンテナンスのコスト削減、ならびに革新的なコンピューティング テクノロジの創出を目的として、1991 年に創設された、コンピューターサイエンスおよびソフトウェア工学の基礎研究および応用研究を専門とするマイクロソフトの基礎研究機関です。

MSR の CORE 連携研究プロジェクトは2005 年春より開始され、

  1. マイクロソフト リサーチの研究者と日本の情報工学、計算機工学の研究者との間に、より緊密な連携を構築する
  2. マイクロソフトがこのような産学連携を通じて日本のイノベーションへの貢献を推進する

ことを目的とした、連携研究プロジェクトです。

コラボリー/Grants には過去の採択テーマも掲載 しています。あわせてご参照ください。

第 12 回共同研究プロジェクト(応募要項より抜粋)

応募資格

文部科学省認定の 4 年制大学/大学院および国公立研究機関の教員/研究者。
以下の公募する分野に関連した博士の学位を有する方。

※ 同一の応募者が複数の応募をすることはできません。

※ 昨年 CORE11 受賞者は今回応募することはできませんが、CORE10 以前の受賞者は応募可能です。

公募する提案の種類

“Collaborative Research” と “Blue-Sky” の2種類の提案を受け付けます。

Collaborative Research
特に研究トピックを限定しておりません。MSR で行っている研究分野 新しいウィンドウ または MSR Asia 新しいウィンドウ の研究グループと関連する研究トピックについて、どのような研究プロジェクトも提案可能です。提案にあたっては 1 から 2 名の MSR の研究者を研究プロジェクトの共同研究者としてノミネートする必要があります。

Blue-sky
計算機科学/情報科学と他分野の連携を促進する学際的領域の研究プロジェクトです。たとえば、data-intensive scientific discovery 新しいウィンドウ、e-heritage 新しいウィンドウ または urban computing 新しいウィンドウ などが例として挙げられますが、これに限るものではありません。MSRの研究者を共同研究者としてノミネートする必要はありませんが、Microsoft のテクノロジーを活用する必要があります。特に研究プラットフォームとして Microsoft Azure 新しいウィンドウ の活用、また MSR で開発されたリサーチ ツール 新しいウィンドウおよびデータセット 新しいウィンドウの活用を期待します。

プロジェクトについて

共同研究の方法(ミーティング、ワークショップ、短期の MSR 滞在、インターンの派遣等)について具体的にプロポーザルに明記していただきます。

また Collaborative Research の場合は、共同研究を希望する MSR の研究者の候補についてもお書きください。なお、ご提案にあたって、候補となる MSR の研究者との事前のコンタクトは必須ではありません。

プロジェクトの期間と規模

期間 : 2016 年 4月 1 日より、原則 1年間。2年間のプロジェクトも提案可能
予算規模 : 1 年間のプロジェクトについては 250 万円まで、2 年間のプロジェクトにおいては総額 500 万円まで提案可能
採択予定件数は、6 ~ 8 件程度で、応募内容により増減があります。

締め切り

2015年9月24日 (木) 15時


応募方法

期日 : 2015 年 9 月 24 日 (木) 15 時必着
応募 : プロポーザルを以下の登録サイトにご登録ください。

お問い合わせ

マイクロソフト リサーチ アウトリーチ 公野
電子メール: coreproj@microsoft.com
*お問い合わせ、ご質問は電子メールをご活用下さい。

関連情報

◆コラボリー/Grants(研究助成)

国内最大級の研究資金・奨励金情報サイト、コラボリー/Grants(研究助成)は会員登録(無料)で、研究資金探しに役立つ以下の便利な機能がすぐにご利用いただけます。

  • 国・地方自治体、民間助成団体の公募情報・採択実績の「検索機能」
  • あなたの研究にピッタリの助成金情報をメールでお届けする「My アラート」
  • 研究キーワードによる採択実績の「アラート機能」

会員登録(無料)は今すぐ

登録(無料)はこちら