6478685035_e03b0eb79f_z

Photo by
fdecomite

北海道大学の松永茂樹 教授と、星薬科大学の坂田健 准教授らは、安価なコバルト触媒を利用し、工程と廃棄物を減らして有用分子を合成する技術を開発しました。

ロジウム触媒を使う従来の有用分子合成法は優れた触媒性能を持ちますが、高価である事とアルコール活性化処理工程が必要なため廃棄物が多い課題がありました。

今回、安価でアルコール活性化処理せずそのまま利用できる特性を持つコバルト触媒を使うことで、廃棄物を削減する合成法を開発しました。この技術は、環境負荷を低減した医薬品製造プロセスの構築につながる可能性があると期待されています。

同成果は、「Angewadnte Chemie International Edition」のオンライン版で公開されています。

以下の関連サイトをご参考ください。