研究の現場で聞いてみた!名古屋大学シンクロトロン光研究センターの西谷智博特任講師、知財・技術移転グループ鈴木孝征特任助教

コラボリーの連載企画「研究の現場で聞いてみた!」、NEDO Technology Commercialization Program で最優秀賞を受賞した “Photocathode Electron Soul” 名古屋大学シンクロトロン光研究センターの西谷智博特任講師、知財・技術移転グループ鈴木孝征特任助教のインタビュー、「中編」です。

大学発ベンチャーとして自らの研究を事業化し、「出口の見えない昨今の若手研究者のロールモデル(手本)になりたい」と語る両氏の研究に対する想いとは。迷える若手研究者、ポスドク必見のインタビューです。中編は、NEDO TCPへのチャレンジ、そして自身の研究を社会におくりだすプロセスについてお話しいただきます。

名古屋大学シンクロトロン光研究センターの西谷智博特任講師、知財・技術移転グループ鈴木孝征特任助教
聞き手:株式会社ジー・サーチ新規事業開発室長 杉山 岳文
インタビュー 2015年4月28日



インタビューの前編 の続きです。


「若手研究者のロールモデルになりたい」 ポスドク必見 NEDO TCP 最優秀賞受賞 名古屋大学 西谷智博先生、鈴木特任助教 | 研究の現場で聞いてみた!

研究者と技術移転マネージャーの出会いが研究事業化への道をひらいた

杉山:NEDO TCP に応募されたきっかけを教えて下さい。

西谷:きっかけはまさにこの2人の出会いなんですよね、何年か前かな…

鈴木:ちょうどこの前、職場の引越しがあって、資料を整理していたのですが3年前にキックオフミーティングをしています。ここはインキュベーション施設、大学発ベンチャーのための施設なのですが、ここに先生が入居される時に電源は足りているかとか、そんなところからお手伝いをして。

西谷:鈴木さんはバイオの方なのに、僕は配電盤を見て電力が足りるかとか、過重がどうのこうのとか、分からないことをいっぱい要求していて(笑)。担当してもらって、いろいろ対応してくれたというのが最初ですね。

鈴木:そうですね。その時、先生から情熱あふれる、「自分の研究はこれこれこうなんだ」、「こういうふうに用途を広げられる」、「こういう形で産業利用、事業化できるんだ」という話を聞かされて。

西谷:もう、それは出入りの業者さんに対してまでそんなことを語っていたくらいで(笑)。専門家だろうがそうでなかろうが、誰であれ、自分や自分が行ってきた研究の証を残したかったのだと思います。

鈴木:私はそういう話を近くで聞いているのですが、いわゆる研究者なんですよね。宇宙の謎がどうだとか、量子論がどうだとか、素粒子として考えるととか、、、物理学の専門で出てくるような言葉や話しぶりが多くて。私は元研究者といってもバイオが専門だったので、チンプンカンプンなんですけど、その迫力は感じていました。自分が研究していることにプライドを持ってるし、自信も持っている。「これで世の中を変えられる!」ということを聞いていて、「あ、そこには何かとんでもないことがあるんだ」と直感しました。そこで、うまく翻訳していけばおもしろくなる、まずは食らいついていこうと思って。

同じことを何回も聞いて、技術のバックグランドを少しずつ理解していきました。そしたら、その中で特許になりそうな発明があって。「先生、それ本当に事業化してみましょう」「まずはこういう形で権利を押さえましょう」「こういう企業にラインセンスをするとうまくいくんじゃないでしょうか」と提案して、そこから具体的に動きはじめたんです。そしてやってみたら成果が出た。大学で特許をとって企業にライセンスできた。産業界に受け入れられる技術だったんですね。「この人が言っていることは嘘ではない」というのが分かってきて(笑)。

西谷:そうなんです。なかなか信じてもらえなかったですね(笑)。でも、疑ってもらうくらいの方がちょうどよかったんですけどね。

次ページへ 1 2 3