ORCIDはDOIのような存在

長谷川:なぜ研究者にとってORCIDは重要なのでしょうか。

大澤:研究者にとってのメリットを示すというのが、普及させるための一番大きな要素だと思うんですけど、個人的には一番のメリットはディスカバラビリティ(見つけやすさ)なのかなと思っています。

ORCIDというのは基本的には論文で言うところのDOI **みたいな存在です。研究成果はオンラインで公開され、流通するというのがスタンダードになってきています。たとえば論文にDOIが振られていなければ、ものすごい数の論文が出回っている中で、どの論文がどこにあって、誰によって書かれたのか、引用、被引用の関係を含めて分からなくなってしまいますね。

それと同じことがORCIDに言えるのではないか。ORCIDがあることによって共同研究や共同著作に関する関係というのが、Machine Readable(機械可読)な状態でオンラインの中で公開されていく。ORCIDによってその研究者を特定するだけではなく、その研究者によって書かれた論文が紐付いていく。しかもどういうコラボレーションをしているのかという関係が電子的に公開されていく。

まあ、名寄せ問題というのが最初にORCIDが出来たきっかけではあるんですが、これがないと誰がどの研究者なのかというのが分からないですし、膨大な研究成果が氾濫している中で特定の誰がどんな研究をしている、どんな人とつながりあるのかというのが見えなくなってしまう。

ちょっと大げさな言い方かも知れないですけど、ORCIDを持たない研究者は存在しないと同じことになってしまう世界が来るのではないか。そこがORCIDのメリットというか、研究者としてORCIDを持たないといけない、ORCIDを持っていないと研究者として認められないと言うことなんじゃないかなと思います。

ORCIDを支援することで社会に貢献して行きたい

長谷川:アトラスさんはなぜORCIDを支援されているのでしょうか。

大澤:弊社には「ITを通じて学術コミュニケーション・学術研究の発展に寄与し、社会に貢献します。」というビジョンがあります。ORCIDは学術流通の発展のためには欠かせないものです。ORCIDを支援することで、微力ながらも社会に貢献して行きたいと思っています。

長谷川:最新の話題ということで、新サービスを発表されましたね。おめでとうございます。Altmetric for ORCID ***ですが、これはバルセロナで発表されたんですか。

大澤:そうです。Altmetric for ORCIDというのは、ブックマークレット(Bookmarklet:Webブラウザに追加できる小さなプログラム)です。もともとORCIDのアンバサダーをされている板東慶太さんからアドバイザーとしてアイデアをいただいたのですが、弊社の開発チームとコラボレーションしながら作っていったという経緯がありまして、その板東さんにバルセロナのアウトリーチミーティングでポスター発表していただきました。どんなサービスかと言いますとブラウザに追加していただいて、ORCIDのサイトでクリックするとワークスにAltmetricスコアが表示されます。推奨対応ブラウザは、FirefoxとSafariとChromeです。おかげさまで、いろいろなところで取り上げていただきました。
screenshot-www.atlas.jp 2015-06-12 17-21-01

ORCIDの普及にとって研究機関が果たす役割は大きい

長谷川:最後に研究機関はどのようにORCIDに関わっていくべきかお伺いします。

大澤:ORCIDというのは個人でも登録出来ますが、現在135万の登録者数のうち、研究機関によって登録されたユーザが一定数以上います。ORCIDの普及にとって研究機関が果たす役割は大きいと思います。また、助成機関、例えばウェルカム・トラストが申請の際、ORCIDの登録を義務づけていますが、研究者に関わるいろいろな機関がORCIDの登録を義務づけていくというのが重要です。メリットを研究者に伝えていく、というのも重要ですが、環境を周りから作っていく、という点で機関の果たす役割が大きいと思います。

長谷川:今日はお忙しいところ、ありがとうございました。

DSC01749

※本インタビューは2015年5月27日に行われました。

用語説明

*J-STAGE(ジェイ・ステージ)
科学技術振興機構(JST)が運営する日本国内の科学技術情報関係の電子ジャーナル発行を支援するシステム
J-STAGE

**DOI(Digital Object Identifier)
コンテンツの電子データに付与される国際的な識別子
国立国会図書館による解説ページ

***Altmetric for ORCID(オルトメトリック・フォー・オーキッド)
ORCIDレコード上の業績情報にAltmetricスコアを表示するブックマークレット
・アトラス社おしらせ:ORCIDレコードに登録された論文のAltmetricsを表示するブックマークレットを開発しました

◇株式会社アトラスについてhttp://www.atlas.jp/
アトラス1986年に創業されたシステム開発会社で、1999年から日本の学術雑誌の電子化システムに取り組んできた。学術大会の支援システムや、研究者向けツールの開発など、学術コミュニケーションや学術研究をITで支援するさまざまなサービスを提供している。
前ページへ 1 2