Copyright sign made of jigsaw puzzle pieces separated

Photo by Horia Varlan

名古屋大学は4月27日、従来の分離概念を覆す分離技術を開発したと発表しました。従来の分離技術には「分離スピードを上げると分離度(分離の綺麗さ)が悪くなる」という、分離スピードと分離度の”綱引きのような状態”がありましたが、名古屋大学は今回の研究で、これまでの分離概念を打ち破り「物質を素早くかつ綺麗に分離する」ことに成功しました。

この研究成果は、名古屋大学大学院工学研究科の馬場嘉信 教授、加地範匡 准教授、安井隆雄 助教によるもので、過去の日本人ノーベル賞受賞者も数多くの論文を投稿している国際学術誌「Nano Lett.」に掲載されました。