15651749447_e1d440d3fa_z

エイズ治療薬として使われる抗ウイルス薬アバカビルが、特定のがん細胞には強力な抗癌剤となる(免疫細胞のT細胞ががん化する「成人T細胞白血病(ATL)」を抑止する効果がある)事を、京都大学の高折晃史教授らの研究グループが解明しました。

これにより、成人T細胞白血病(ATL)の新規治療法開発が見込まれるほか、新たながん化学療法の開発や、他の種類の癌への応用も期待されます。

多田浩平 医学研究科研究員、瀧内曜子 同大学院生、小林正行 同助教、高折晃史 同教授、武田俊一 同教授らの研究グループは、エイズ治療薬である抗ウイルス薬アバカビルが、成人T細胞白血病細胞に強力な抗癌作用があることを見出し、さらにそのメカニズムとして、がん細胞におけるDNA修復酵素の異常が原因であることを解明しました。

本研究成果は、2015年4月25日付(日本時間)の米国科学誌「Science Advances」(オープンアクセス雑誌)に掲載されることになりました。

抗HIV-1薬の新規抗癌作用の解明に成功 – 京都大学