第4回日豪若手研究者交流促進事業 の募集が開始されました。

日豪若手研究者交流促進事業(ERLEP)
独立行政法人日本学術振興会、公益社団法人日本工学アカデミー及び豪州理工学アカデミーの3機関は、協力して、 応用研究領域における日豪の若手~中堅の研究者を2週間程度、相互に相手国の研究機関を訪問する機会を設ける 「日豪若手研究者交流促進事業」を実施しています。本事業は、平成20年の日豪政府間合意に基づき、次世代研究 リーダー育成のために日豪両国が協力して実施する交流計画です。

第4回日豪若手研究者交流促進事業(2015/16年度)
この度、第4回目の日本人研究者の豪州派遣を以下のとおり決定し、参加者を公募することになりました。ご関心のある方は、参加者募集要項、申請書記入要領をご熟読の上、5月7日(木)必着にて申請書をご提出ください。

[派遣期間]  2015年10月17日(出発)から10月31日(帰国)まで
[交流分野]
A. Technologies for the promotion of healthy ageing and wellbeing
B. New materials, biotechnology and nanotechnology
C. Emerging power systems in the changing environment and the needs of the power system
  transition process
D. Capturing the benefits of ICT in a digital economy

[派遣人数] 総計 8名
[応募締切] 2015年5月7日(木)

詳しくは、第4回日豪若手研究者交流促進事業 をご参照ください。