3269906279_6c3311d2d5_z

Photo by Milosz1

日立製作所は、ノーベル物理学賞候補といわれた故外村彰氏が社員として開発に携わった電子顕微鏡を完成させた。

世界最高レベルの測定能力があり、43ピコメートル(10億分の43ミリ)の微細な世界を観察できる。米国の科学誌のオンライン版に17日(日本時間18日未明)に公表した。

政府の最先端研究開発支援プログラムの補助を受けて2010年から開発を進めてきたが、外村氏は完成を待たずに12年5月に死去した。

外村氏はミクロの物理現象が立体的に見える「電子線ホログラフィー」の技術を使った電子顕微鏡を、世界で初めて1978年に実用化した。

今回の顕微鏡はこの技術を活用した。磁力や電荷が働く微細な電磁場を計測できるほか、物質の構造の観察でも従来の3倍以上の性能がある。電気自動車(EV)のモーターの材料となる高性能磁石の開発などに応用が期待される。

日立の「ノーベル賞級」物故研究者が開発 世界最高水準の電子顕微鏡
SankeiBiz 2015年2月18日

43ピコメートルの微細な世界とは、結晶中に並ぶ原子を1個づつ見分けることができる水準です。研究内容が米物理学会専門誌「アプライド・フィジックス・レターズ」に掲載されていますので、下記の関連情報でご紹介します。

関連情報:
Aberration corrected 1.2-MV cold field-emission transmission electron microscope with a sub-50-pm resolution
 原論文情報(Applied Physics Letters, 2015, doi:10.1063/1.4908175)
原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡を開発し世界最高の分解能43ピコメートルを達成
 株式会社日立製作所 ニュースリリース 2015年2月18日
世界最高水準の電子顕微鏡
 産経フォト 2015年2月18日