顕微鏡

国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)などの研究グループは10日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から「軸索(じくさく)」と呼ばれる神経線維を持つ視神経細胞を作製することに世界で初めて成功したと発表した。英科学誌(電子版)に論文が掲載された。緑内障に伴う視神経の障害や視神経炎などの治療薬開発につながることが期待される。

世界初、iPS細胞から視神経細胞作製 成育医療センター
産経新聞 2015年2月10日

iPS細胞の最新研究成果、目と脳をつなぐ繊維状の視神経細胞をiPS細胞から作製したという、世界初の発表内容で、視神経に対する疾患の解明や視覚障害に効果がある治療薬開発、将来的には視神経移植など再生医療への応用が考えられています。

目の病気に対する画期的な治療につなげられるか、今後の研究が注目されています。下記に、Scientific Reports の原文にもリンクしておきました。