2073348023_8def31f440_z

Photo by net_efekt

水素生成への応用が期待される酵素「ヒドロゲナーゼ」が水素分子を分解するメカニズムの一端を、独マックスプランク研究所の西川幸志博士研究員(32)=現兵庫県立大リーディング大学院専任教員=らのグループが初めて解明した。次世代のエコ燃料とされる水素の効率的な生成につながる可能性があり、26日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。

水素分解の酵素、メカニズムを解明 燃料電池に応用期待
2015年1月27日 神戸新聞NEXT

日本人研究者らのチームが初めて、酵素「ヒドロゲナーゼ」が水素を分解する様子を解明しました。水素生成などの触媒には、希少で効果なブラチナなどの化合物が使われていますが、この研究により「安価な人工触媒の開発において設計図となり得る成果だろう」と西川専任教員が説明されています。