第29回(2015年度)独創性を拓く 先端技術大賞の募集が開始されました。「先端技術大賞」はフジサンケイビジネスアイが、「理工系学生の独創性と創造性をはぐくみ、研究への意欲を高めることを目的」として1986年に創設されました。若手研究者・技術者、および学生を対象にしています。応募締切は2015年3月末日。詳しくは第29回(2015年度)の募集を開始しました をご覧ください。

名 称:第29回 独創性を拓く 先端技術大賞
後 援:文部科学省 経済産業省 フジテレビジョン 産経新聞社 ニッポン放送

表彰内容:
<企業・産学部門>
最優秀賞:経済産業大臣賞 副賞(研究奨励金)
優秀賞:産経新聞社賞、フジサンケイ ビジネスアイ賞 各副賞(研究奨励金)
特別賞:副賞(研究奨励金)

<学生部門>
最優秀賞:文部科学大臣賞 副賞(研究奨励金)
優秀賞:フジテレビジョン賞、ニッポン放送賞 各副賞(研究奨励金)
特別賞:副賞(研究奨励金)
※特別賞は主に高専生を対象としますが、高専生の大臣賞受賞など他賞への入賞を制限するものではありません。

締 切:2015年3月末日
発 表:2015年6月(フジサンケイビジネスアイ、産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ、サンケイエクスプレス)
表彰式:2015年7月8日(水)

募集要項(一部抜粋)

募集対象
企業・産学部門
2014年度に発表した企業や産学連携の研究開発成果(近い将来の実用化を見据えた技術論文、新製品などあらゆる研究開発)で研究者、研究グループ代表者の年齢がおおむね40歳以下の若手研究者、技術者。

学生部門
国・公・私立大学の学生・大学院生、工業高等専門学校生およびこれらの学生グループ。留学生も可

募集分野とテーマ(下記から1分野を選択、テーマは自由)
A エレクトロニクス・情報
B バイオ、生体・医療、医薬、食品
C 材料
D 環境・エネルギー
E 一般工学(機械・土木など)
F ノンセクション(上記A~Eの複数領域にまたがるか、この領域外のテーマ。)
◎審査では専門性にとどまらず、論文構成力など多面的に審査を行います。
◎審査には専門の審査委員の方以外もあたります。

審査委員長 阿部 博之 独立行政法人科学技術振興機構 顧問、東北大学 名誉教授

審査委員&審査分野

<学生部門>
エレクトロニクス・情報
※辻井 重男 中央大学研究開発機構 教授、一般財団法人マルチメディア振興センター 理事長
中村 孝夫 山形大学大学院 教授

バイオサイエンス・バイオテクノロジー
※清水 昌 一般財団法人バイオインダストリー協会 副理事長、京都大学 名誉教授
軽部 征夫 東京工科大学 学長
柳田 敏雄 大阪大学大学院 特任教授

材料
※増本 健 公益財団法人電磁材料研究所 理事長
桑原 誠  京大学 名誉教授
曽我 直弘 京都大学 名誉教授

ノンセクション
 審査員全員

<企業・産学部門>
エレクトロニクス・情報
田井 一郎 日本精工株式会社 取締役

バイオサイエンス・バイオテクノロジー
恒川 哲也 東レ株式会社 取締役
倉根 隆一郎 中部大学 教授 総合学術研究院長補佐

材料
※小島 彰 一般社団法人特殊鋼倶楽部専務理事

ノンセクション
 審査員全員

※は審査委員会座長(順不同・敬称略)

独創性を拓く 先端技術大賞
http://www.fbi-award.jp/sentan/about/index.html