JST 科学技術振興機構
戦略的創造研究推進事業「さきがけ」における『脳神経回路の形成・動作と制御』領域についての研究成果報告会が、2015年2月5日(木)に東京大学 山上会館にて開催されます(参加費:無料)。

「さきがけ」は国が定めた戦略目標の達成に向けた目的志向型の基礎研究を推進する個人型研究プログラムです。今回は「ライフイノベーション」研究領域からの研究成果報告となります。詳しくは脳神経回路の形成・動作と制御をご覧ください。

プログラム

10:05 ~
精神発達障害原因解明のためのNeuroligin/Neurexinモデルの確立
信州大学  田渕 克彦

10:25 ~ グリシン作動性シナプス可塑性の動作原理と環境適応戦略
国立遺伝学研究所  平田 普三
10:45 ~
中枢シナプスオーガナイザーによる標的認識と特異的シナプス形成の調節   
富山大学  吉田 知之

11:05 ~
神経細胞シナプス内生化学反応の可視化と光操作           
生理学研究所  村越 秀治

11:40 ~ 抑制性局所神経回路の細胞種特異的可視化          
マックスプランクフロリダ研究所  谷口 弘樹
12:00 ~ マウス嗅球における匂い情報の時間コーディングのメカニズム        
理化学研究所  今井 猛
12:20 ~
機能的神経回路の可視化による分子・電気活動・行動の統合解析
岐阜大学  山口 瞬

昼食

13:50 ~ 前頭葉における運動制御に関する神経回路の解析          
チュービンゲン大学  佐藤 隆
14:10 ~
柔軟な判断を可能にする神経回路動態の解明
順天堂大学  宇賀 貴紀

14:30 ~
個々の記憶情報をコードする神経回路の解析と制御
大阪大学  松尾 直毅
14:50 ~
匂いに対する特異的な行動や情動を制御する神経ネットワーク
大阪バイオサイエンス研究所  小早川 高
15:25 ~
遊泳運動を規定する神経回路の発生と動作原理の解明
筑波大学  堀江 健生

15:45
ガイダンス因子シグナルで普遍的に駆動されるシグナル伝達経路の解明
京都大学  生沼 泉

16:05 ~ 細胞内機能ドメインが大脳皮質形成に果たす役割の解明          
(独)科学技術振興機構  川内 健史
16:25 ~
神経細胞における膜タンパク質選別輸送システムの順遺伝学による解明
広島大学  佐藤 明子

17:00 ~
膜電位の時空間計測における次世代技術開発
北陸先端科学技術大学院大学  筒井 秀和
17:20 ~
神経グリア相互作用としての概日リズム制御系の新たな理解
山口大学  早坂 直人
17:40 ~
細胞内RNAの解析と機能制御
北海道大学  阿部 洋

お問合せ先 
(独)科学技術振興機構 さきがけ「脳神経回路の形成・動作と制御」領域事務所

 ● チラシ/ポスター(PDF)