JST(科学技術振興機構)より、公募情報『平成27年度「感染症研究国際展開戦略プログラム」に関する課題の公募について』が発表されました。

顕微鏡イメージ

「感染症研究国際展開戦略プログラム」は、感染症がグローバル社会に対する脅威となっていることに鑑み、日本国民ひいては人類の健康と安全に寄与すること を目指し、アジア・アフリカに海外研究拠点を展開し、各地で蔓延する感染症に対する疫学研究、診断治療薬等の開発に向けた基礎的研究を推進し、感染制御に 向けた予防や診断治療に資する医薬品や技術の開発、高度専門人材の育成を図ることを目的としています。



公募課題
アジア・アフリカの新興・再興感染症の流行国あるいは流行が想定される国に海外研究拠点を置き、感染症に対する疫学研究や診断治療薬等の開発に向けた基礎的研究を推進し、感染制御に向けた疫学情報の取得や予防・診断治療に資する医薬品や技術の開発に関する研究提案を公募します。

募集から契約までのスケジュール
・1月16日(金曜日) 公募開始
・2月6日(金曜日)正午 公募締切り
・2月上旬~中旬 書面審査
・2月下旬(予定) 審査結果通知
・4月1日~(予定) 契約及び事業開始
※ 必要に応じてヒアリング審査を実施します(2月中旬~2月下旬(予定))

詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

平成27年度「感染症研究国際展開戦略プログラム」に関する課題の公募について
科学技術振興機構(JST)
http://www.jst.go.jp/keytech/kouboh26-6.html