自動車

日産自動車がNASA(米航空宇宙局)と、自動運転技術の開発を共同で進めると発表しました。NASAが持つ無人探査機の技術を自動車に生かし、2015年内にも試作車両の実験を行い、2020年に市街地で走れる自動運転車の投入を目指しています。

日産自動車は1月13日、NASA(アメリカ航空宇宙局)と自動運転システムの発展、および、同技術の商業的応用を目指し、共同で研究・開発を行う5年間のパートナーシップを締結したと発表した。2015年内に実証実験を開始する。

具体的には、米国にある日産総合研究所シリコンバレーオフィスと、カリフォルニア州モフェットフィールドにあるNASAエイムズ研究センターが、自動運転システムやヒューマン・マシン・インターフェース、ネットワーク対応アプリケーション、ソフトウェアの分析・実証、道路交通環境および宇宙で使用される高度なハードウェア・ソフトウェアを含むすべての技術開発に取り組んでいく。

日産、NASA(アメリカ航空宇宙局)と自動運転車の研究・開発を行うパートナーシップ締結
2015年1月13日 Car Watch
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150113_683408.html