火山

「御嶽山噴火踏まえ、火山研究に30億円 平成26年度補正予算案」という記事が報じられています。

火山噴火予知は防災的な性格が強く、との時々の予算措置に大きく左右されてきました。近年は地震・火山対策としては地震への関心が高かったかと思います。 文科省の地震火山部会によると、火山関係研究費はH.26で30億円(暫定)ですから、予算倍増ということになります。

同会によると火山関係研究者は329人(暫定・任期付き研究員、大学院生を含む)。国立大学法人会等に伴い財政事業厳しく観測点の維持管理が困難などの課 題がある中、学術的観点から大学(43火山)、防災科学技術研究所(14火山)、気象庁47火山・24時間監視)で観測が行われています。

人材育成も含め、火山研究が加速するといいのですが。

関連情報:
御嶽山噴火踏まえ、火山研究に30億円 平成26年度補正予算案
産経ニュース 2015年1月27日
文部科学省 地震火山部会